内科、循環器内科、心療内科

03-5672-5663

四ツ木駅 徒歩1分

予防接種

予防接種とは

当院では予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌の各種ワクチン接種を行っています。このワクチンとは、感染症の病原体(細菌やウイルス)にある病原性を無毒化あるいは弱めるなどした薬剤になります。これを接種することによって特定の感染症に対する免疫が罹患しなくとも獲得できるようになるので、その感染症に罹りにくくなる、またもし感染したとしても重症化するリスクは避けられるようになります。

予防接種はこのように個人の身を守るということもありますが、同接種が受けられない方々へ感染症を流行させない集団免疫という目的でも行われます。上記以外のワクチン接種を希望される方は、個別にご相談ください。

インフルエンザワクチン

こまめに手洗いやうがいをするなどインフルエンザには様々な予防対策がありますが、なかでも有効とされているのがインフルエンザワクチンの接種と言われています。なお同ワクチンの効果をより高めたい場合は、接種時期も重要です。

インフルエンザには流行時期があります。日本では毎年12月~翌3月頃がその時期にあたります。そしてインフルエンザワクチン1回の接種による持続期間は約5ヵ月で、接種後にワクチンの効力が発揮されるまで約2週間かかります。つまり、できるだけ高い効果を得るには、11月中旬頃までに接種する必要があります。

またインフルエンザワクチンは年齢によって接種回数が異なります。13歳未満のお子さんの場合は計2回の接種が必要で、13歳以上の方は1回の接種で済みます。なお2回接種する際の1回目から2回目の接種間隔については、2~4週間ほど空けてから行うようにしてください。

※同ワクチンの接種は保険適用外ですので、全額自己負担となります。ただし、高齢者のインフルエンザワクチン接種につきましては、定期予防接種です。そのため葛飾区では費用の一部を助成しています。詳細に関しては、葛飾区の公式ホームページをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン

肺に細菌やウイルスなどの病原体が侵入して感染する、もしくは薬剤やアレルギーといったことをきっかけとして肺が炎症を起こし、それによって、発熱、咳・痰、息切れなどの症状がみられている状態が肺炎です。同疾患は、子どもや高齢者、基礎疾患をお持ちの方など免疫力が落ちている方が発症しやすいという特徴があります。

ちなみに肺炎は日本人の死因第5位(2017年(平成29年)厚生労働省「人口動態統計」より)とされている病気ですが、そのうち亡くなられた方の95%以上が65歳以上の高齢者です。肺炎の原因はひとつではなく様々ありますが、成人以上が発症する肺炎の4分の1以上は肺炎球菌の感染による発症です。そのため、高齢者肺炎球菌予防接種は、予防接種法に基づく定期接種でもあるわけですが、葛飾区でも高齢者を対象とした肺炎球菌予防接種に関しては費用の一部を助成しています。ただ、全ての高齢者が対象ではありませんので、詳細は葛飾区の公式ホームページをご参照ください。なお肺炎球菌ワクチンの接種は、高齢者肺炎球菌予防接種の対象でない方でも接種自体は可能ですが、全額自己負担となります。

※肺炎球菌ワクチンを再接種する場合、その間隔は5年以上開けてください。5年未満で再接種すると注射部位に痛みが強く出ます。したがって再接種を希望される方は、必ず5年以上の間隔を空けるようにしてください。

葛飾区の高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種については→こちら

平木クリニック

診療科目
内科、循環器内科、心療内科
院 長
平木 達朗
住 所
〒124-0014
東京都葛飾区東四つ木3-23-18-2階
TEL
03-5672-5663
最寄駅
京成電鉄 四ツ木駅 徒歩1分
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~17:00

休診日…木曜、日曜、祝日